肝臓の働き

肝臓の働きには、多数ありますが代表的なものを取り上げてみました。

ゴロでどうぞ

ビートたけしが、ほふくで血尿ある感じ

→ビリルビン代謝

→トロンビンの生成
→胆汁の生成
→血しょうたんぱく質の生成(アルブミン、トランスフェリン、アンギオテンシノーゲンなど)
→脂質代謝
が、
→抱合(グルクロン酸)
→フィブリノーゲン、プロトロンビンの生成
→グリコーゲンの生成
で、
→血液凝固因子の生成
尿→尿素回路
アル→アルコールの代謝
かんじ→肝臓


このゴロひとつで、肝臓の働きを10種類も覚えられますよ!
イメージするのは、「ビートたけしがほふく前進していて血尿を感じた」という一場面です(笑)
[PR]

by inufukuken | 2011-09-05 18:14 | 人体の構造と機能(35) | Comments(0)