単糖類と二糖類

単糖類には主に、

グルコース(ブドウ糖)
フルクトース(果糖)
ガラクトース

があります。


代表的な二糖類には

マルトース(麦芽糖)=グルコース+グルコース
シュクロース(ショ糖)=グルコース+フルクトース
ラクトース(乳糖)    =グルコース+ガラクトース

があります。シュクロースはスクロースともいいます。


二糖類を覚えるときのコツとして、まず必ずグルコースが一つ。その上で、単糖類が3種類ついているというのがわかれば難しいことはありません。


ここで、ゴロを


グルグル回る主婦が楽

(グル グル マワル シュ フ ガ ラク)

これは(グル+   グル=    シュ=フ    ガ=ラク)



というように、グルコースに何がくっついているかを思い出すためのゴロです。基本的な単糖類、二糖類はきっちり覚えておきましょう。試験にも必ず出ますよ!

蛇足ですが、「乳糖不耐症」というのはご存知ですが?これは、小腸にあるラクターゼという、「乳糖を分解する酵素」がない人が牛乳を飲むと、下痢をするというものです。つまり「ラクターゼ欠損」ということ。ラクトースをグルコースとガラクトースに分解する酵素がラクターゼですから、ラクトースとは乳糖のことです。こんな風に、最初にやった、単糖類や二糖類を覚えた後に乳糖不耐症などの知識をつけたしていくと、記憶は確実なものになっていくと思います。
[PR]

by inufukuken | 2011-09-14 22:01 | 食べ物と健康(19) | Comments(1)

Commented by 履歴書の書き方の見本 at 2014-05-22 10:32 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!