キャッスル内因子(第25回追試-35)

投稿の前に、今日で5,000アクセスを突破しました。
なかなか、投稿する機会がなかったにもかかわらずコツコツ積みあげて頂き今日にいたりました。これもひとえに皆さんのおかげです。感謝感謝です。


胃腺の壁細胞から分泌される物質である。正しいのはどれか。
 (1)内因子(キャッスル内因子)
 (2)ガストリン
 (3)セクレチン
 (4)ペプシノーゲン
 (5)粘液


女子栄養大学出版 管理栄養士国家試験受験必修キーワード集によると、「内因子」とは、ムコたんぱく質の一種。胃噴門部および胃底部から分泌される。ビタミンB12は内因子の存在のもとに回腸から吸収されるので、胃全摘患者ではビタミンB12の吸収不全による悪性貧血が起きる。


このキーワード集の解説でもわかるように、あからさまにキャッスル内因子が壁細胞から分泌されるとは書かれていませんでした。

これはやはり、消去法ですかね。


(2)ガストリンは胃の幽門部前庭部のG細胞から分泌されるので×。

(3)セクレチンは十二指腸粘液のS細胞から分泌なので除外。

(4)と(5)は以前に、紹介しているので誤りだと分かるはずです。

このことからも、(1)が正解に一番近いことがわかるのではないでしょうか?


私はいつも、ガストリンの(ガ)はG細胞のGA(ガ)だと思ってたので「なんだ、答えのってるじゃん」と思ってました。


正解1
[PR]

by inufukuken | 2012-01-19 23:58 | 人体の構造と機能(53) | Comments(0)