モントリオール議定書の覚え方

モントリオール議定書は、オゾン層を破壊するおそれのある物質(特定フロン)を指定し、これらの物質の製造、消費及び貿易を規制することを目的とし、1987年にカナダ(モントリオール)で採択された議定書のことです。ちなみに日本も1988年に加入しています。

国家試験で問題に出されるとすれば

オゾン層を破壊する物質(特定フロン)の規制--------モントリオール議定書

の関係性ぐらいです。

さて、どうやって覚えるか考えてみました。

特定フロンといえば、以前は冷蔵庫の冷媒に使われていた「フロンガス」ですよね。

そうそう、特定フロン⇒冷蔵庫⇒寒い⇒
             ⇒北国⇒カナダ⇒モントリオール

逆からでも同じように連想できますよね。
こんな感じで覚えてみてはいかがでしょうか?

似たような問題で京都議定書と温室効果ガス(地球温暖化対策)というのがありますので間違えないように!
[PR]

by inufukuken | 2012-10-31 21:02 | 社会と健康(21) | Comments(0)