疫学研究についてⅣ(敏感度(感度)と特異度)

以前にコホート研究における寄与危険度と相対危険度を紹介しました。

この中で、敏感度(感度)と特異度についてふれていなかったと思ったので紹介します。

ある病気(例えば肺癌)にかかっているかを調べる検査で、


敏感度とは、
肺癌にかかっている人が、正しく陽性と判定される確率。

特異度とは
肺癌でない人が、正しく陰性と判定される確率。


のことです。意味が分かっているなら計算式を暗記する必要はありません。

数字を出して例えるなら

対象が100人
そのうち、
肺癌の人70人
肺癌でない人30人

この100人に肺癌かどうかを判定する検査をした結果、

肺癌の人70人中
検査陽性が、63人
検査陰性が、7人

肺癌でない人30人中
検査陽性が、6人
検査陰性が、24人

だったとすると

----- ---------------------------
    疾患    疾患     
    あり     なし  

陽性   63     6   
    
陰性   7     24   

----- ---------------------------
敏感度は70÷63×100=90% 63÷70×100=90% 2015年11月27日訂正
特異度は30÷24×100=80% 24÷30×100=80%


となります。

私の場所は、

ありあり(病気あり、陽性反応あり)が敏感度

なしなし(病気なし、陽性反応なし)が特異度


と覚えていました。さらに間違わないように、特異度は(とくいんど)と読んで「いん」と出て来る方が陰性だと覚えました。


これで、敏感度特異度は終わりです。


次は最近よく出題されている、偽陽性と偽陰性について紹介します。

偽陽性と偽陰性は敏感度と特異度に密接にかかわっています。

疾患持ちで陽性が敏感度、疾患無しで陰性が特異度でしたね。

偽陽性や偽陰性は読んで字のごとく、疾患持ちで検査陰性が偽陰性。疾患無しで検査陽性となるのが偽陽性となります。

式にすると

偽陰性7÷70×100=10%
偽陽性6÷30×100=20%

となります。

ここでわかるように、
偽陰性=100%-敏感度
偽陽性=100%-特異度

であることが想像できると思います。

偽とあたまについていますので、ニセモノの陽性、陰性だと考えればあえて暗記はいりませんね。
[PR]

by inufukuken | 2013-04-26 00:01 | 社会と健康(21) | Comments(6)

Commented by milktea_naomi at 2013-05-31 11:10
はじめまして!
来年の試験に向けて
勉強中の者です。
コメントしたくて
サイトに登録しました!笑

すごく分かりやすくて
いつでもどこでも
授業が受けられるようです!
しかも、参考書よりもはるかに
噛み砕いてくれていて
すごく頭に入ってきて
本当に感謝してます(>_<)
ありがとうございます!!

合格までお世話になります!笑
よろしくお願いします(*^^*)
Commented by inufukuken at 2013-06-03 22:45
コメントありがとうございます。
今後の参考のために、わかりやすかった記事なんかを教えていただけるとうれしいです。
Commented by 敏感度、得意度の計算は… at 2015-11-20 17:13 x
これだと70÷63×100=は111……?
逆ではないのでしょうか…?

私が理解できてないだけならすみません…
Commented by inufukuken at 2015-11-21 01:26
ご指摘ありがとうございます。昔の記事を自分で読み返す機会はなかなか無いので、助かります。
誰が見ても63÷70×100ですね。大変失礼しました!
Commented by みつ at 2015-11-27 01:54 x
いつもお世話になっております。
式で、質問があります!
敏感度はアリアリと覚えました。
記事中の、
60÷70×100=90%・・・?
60はどこから出てきたのでしょうか。63ではないでしょうか?
Commented by inufukuken at 2015-11-27 23:00
ご指摘ありがとうございます。
訂正させていただきました。