4類感染症の覚え方


感染症法における4類感染症の定義は

「人から人への感染はほとんどないが、動物、飲食物などの物件を介して人に感染し、国民の健康に影響を与えるおそれのある感染症」で

東京アカデミーの参考書には、感染症法に定められる、①E型肝炎、②A型肝炎、③黄熱、④Q熱、⑤狂犬病、⑥炭疽、⑦鳥インフルエンザ(H5N1を除く)、⑧ボツリヌス症、⑨マラリア、⑩野兎病がピックアップされていましたのでそこだけ覚えるゴロをどうぞ!。(この他にもありますが⑪はその他としてまとめられているので、ここは代表的な10個を覚えましょう)

夜、家から田んぼに落ちた動物を応急処置したマリア様

夜(4るい)、→4類感染症

家から→E型肝炎、A型肝炎

田んぼに落ちた→炭疽、ボツリヌス症

動物を→狂犬病、野兎病、鳥インフルエンザ(H5N1を除く)

処置した→黄熱、Q熱

マリア様→マラリア


聖母マリア様が動物を応急処置する場面をイメージしてくださいね。4類を思い出すのは夜です。

定義からも動物を媒介してとあるので、動物ときたら4類と覚えて例外をチェックしておきましょう。


参考資料
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
(平成十年十月二日法律第百十四号)








[PR]

by inufukuken | 2014-09-19 02:22 | 社会と健康(19) | Comments(0)