私、こうそくで吐けます!(COPDの覚え方)

今回は慢性閉塞性肺疾患(以下COPDで表記)についてのゴロです。
COPDは人体や臨床栄養学で、必ずと言っていいほど出題されていますので必ずマスターしましょう。


COPDは、肺気腫と慢性気管支炎を総称したもので、喫煙等により気道が閉塞し気流が制限され、息を吸うことは出来るが、吐けない状態のこと。一般に非可逆的(治らない)です。

主に下に挙げる①~⑪の特徴があります。

①40~50代以上の男性喫煙者に多い。

②吐けないので肺に空気が溜まる。
肺の過膨張がおきます。

③肺の過膨張により肺の細胞が壊され、肺胞でのガス交換ができない。

④酸素の取り込みが低下し、血中の二酸化炭素濃度が高くなる。
呼吸性のアシドーシス

⑤肺の過膨張のより横隔膜が押し下げられ、腹部膨満感を生じる
少量頻回食

⑥呼吸しづらいため、安静時でも呼吸そのものでエネルギーが消費される。
安静時エネルギー代謝亢進

⑦やせをきたす。
マラスムス型PEM

⑧筋肉で代謝されている分岐鎖アミノ酸が減少する。
フィッシャー比が下がる

⑨エネルギー不足から脂肪分解が亢進し
呼吸商は低下する

1秒率の低下
(1秒率=努力肺活量のうち、最初の1秒間に吐き出せる空気の量の割合のこと)

⑪なにがともあれ治療には禁煙が必須である



試験では、何を覚えておきたいかというとCOPDでは「息を吸えるが、吐けないこと」です。対比される症例として、拘束性の換気障害(間質性の肺炎など)があげられますが、拘束性の場合は「息を吐けるが、吸えない」というようにCOPDとは真逆の症状です。



これを一緒に覚えるゴロが、「私、高速で吐けます!」です。



これはつまり「拘束性換気障害では息を吐けるが吸えない」というのを簡潔に「拘束で吐ける!」と覚えましょう。閉塞性換気障害はその逆なので、「閉塞で吐けない」と自然に出てくるでしょう。「閉塞で吐けない」から先程のアシドーシスや呼吸商、1秒率などもおのずと答えが導き出せます。なので、とりあえず「拘束で吐ける」というのだけ覚えて下さい。



イメージの仕方は、可愛い女子が「私、高速で吐けるんです!」と驚きの自己紹介をした感じです。急に「おろろろろっ!」と吐くという突拍子もない場面の方が忘れないものです。





以下、参考までに過去問を掲載しておきます。


26回-問43 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。
(1)女性に多い。
(2)痰を伴わない咳が特徴である。
(3)1 秒率が増加する。
(4)除脂肪体重(LBM)は増加する。
(5)インフルエンザワクチンの接種は死亡率を低下させる。


27回-問43 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。
(1)高齢になるほど患者数が減少する。
(2)拘束性障害に分類される。
(3)1 秒量は病気分類に用いられる。
(4)安静時エネルギー消費量が低下する。
(5)フィッシャー比が上昇する。


28回-問43 呼吸器系の構造と機能に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 横隔膜は、呼気時に収縮する。
(2) 気管支平滑筋は、副交感袖経の興奮で弛緩する。
(3) 血中二酸化炭素分圧の上昇は、ヘモグロビンの酸素結合能力を増加させる。
(4) 二酸化炭素は、血液中で重炭酸イオン(HCO3-)になる。
(5) 1秒量とは、最大呼気位から最初の1秒間に吸入できる量である。


28回-問44 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。
(1) 喫煙は、リスク因子である。
(2) 食欲は、増進する。
(3) 呼吸機能検査では、拘束性障害のパターンを示す。
(4) 動脈血中の酸素分庄は、上昇する。
(5) 安静時エネルギー消費量(REE)は、減少する。







【解答】
26回-問43 (5)
27回-問43 (3)
28回-問43 (4)
28回-問44 (1)




参考サイト:管理栄養士国家試験徹底解説 http://diet2005.exblog.jp/
参考資料:女子栄養大出版受験必修過去問集2015
    :クエスチョンバンク2015

[PR]

by inufukuken | 2015-01-24 13:18 | 人体の構造と機能(53) | Comments(5)

Commented by まい at 2015-01-24 18:33 x
いつも見ています!とてもためになるので、また更新たのしみにしています!
Commented by inufukuken at 2015-01-25 02:33
まいさん、コメントありがとうございます。
Commented by ゆい at 2015-03-05 16:16 x
こんにちは、はじめまして(^^)

年明けあたりにこちらを発見し、最近毎日のように見ています。
ゴロ、おもしろくてすぐ覚えられ感動しています!
自分で作ったゴロは全然覚えられないのに…
とても感謝しています!

今私が苦戦しているのは、律速酵素です。
トイレに貼って毎日見てるのに、どれが何の律速酵素だか全然覚えられません(-_-;)
それとも今の時期に苦戦しても意味がないところでしょうか…
教えてください!
もし覚えるべき所でしたら、ゴロ作っていただけませんか(>_<)
Commented by inufukuken at 2015-03-07 01:51
ゆいさん、こんにちは。
いつもブログを見ていただきありがとうございます。

私が覚えている律速酵素といえば、解糖系ではヘキソキナーゼ、糖新生系ではグルコース6フォスファターゼぐらいで、もう一つあげろと言われれば、コレステロール合成の律速酵素のHMG-coAレダクターゼあたりでしょうか。

律速酵素だけを覚えてもおそらくすぐ忘れるでしょう。どうしても覚えたいなら代謝経路をまず書いて、そこに酵素名を付け足したものをトイレにはってはいかがでしょうか。

試験まであと2週間ですから焦る気持ちはわかりますが、今の時期は新しいものを覚えるより、今まで覚えたものを復習する方が気持ちも落ち着きますよ。

ゴロはなんでも作りますが、「この部分」という風に指定していただけると助かります。

最後まで諦めないで頑張ってくださいね!
Commented by ゆい at 2015-03-08 08:46 x
お返事ありがとうございました。
とても嬉しいです(^^)

また、律速酵素すべておぼえなければいけない物だと思っていたので、なんだか救われました!
思い込みって怖いですね。

昨日受験票が届きました。
あと2週間、自分にできることを頑張ります!