第29回予想問題②(人体の構造と機能)問36~50

国家試験まであと2日となりました。
最後の追い込みの時期ですが、皆さんの参考になればと人体の予想問題の残りを投稿します。
ご健闘をお祈りします。風邪ひかないでガンバレ!!


問題文すべて正文ですのでお間違いなく。

予想29-36 循環器疾患に関する組み合わせである。
(1)左心不全では、肺水腫が起こる。
(2)肺塞栓は、深部静脈血栓で起こりやすい。
(3)心不全では、血漿BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)濃度は、増加する。
(4)心房細動は、脳梗塞の原因となる。
(5)急性心筋梗塞は、冠動脈の閉塞により起きる。



予想29-37 腎・尿路の構造に関する記述である。
(1)副甲状腺ホルモンは、ビタミンD活性化を促進する。
(2)β2-ミクログロブリンは、糸球体でろ過される。
(3)健常人の糸球体ろ過量(GFR)は、約100ml/分である。
(4)人の尿の血漿浸透圧は、約290mOsm/ℓである。
(5)乏尿は1日尿量が400ml以下とされている。(無尿は100ml/日以下)



予想29-38 透析に関する記述である。
(1)腹膜透析では、摂取するエネルギー量は透析液から吸収されるエネルギー量を差し引いて求める。
(2)たんぱく質喪失量は、血液透析が腹膜透析より少ない。
(3)腹膜透析の寿命は約5年である。
(4)物質除去能率は、腹膜透析が血液透析よりも低い。
(5)わが国の透析療法導入における原疾患第1位は、糖尿病性腎症である。



予想29-39 内分泌ホルモンに関する記述である。
(1)バソプレシンとオキシトシンは視床下部の神経細胞で作られ、下垂体後葉から分泌される。
(2)心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)は腎臓でのナトリウムの排泄を促進(=再吸収を抑制)する。
(3)インクレチンは、インスリン分泌を促進する。
(4)エリスロポエチンは、腎臓で合成され赤血球産生を促進する。
(5)ライディヒ細胞はテストステロンを分泌する。


予想29-40 内分泌疾患に関する記述である。
(1)原発性アルドステロン症では、血漿レニン活性が低下する。
(2)クッシング症候群では、糖新生が亢進する。
(3)尿崩症では、高ナトリウム血症が見られる。
(4)甲状腺機能低下症では、血清コレステロール値が上昇する。
(5)アジソン病では、皮膚や粘膜にメラニン色素の沈着が見られる。


予想29-43 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する記述である。
(1)インフルエンザワクチン摂取は、死亡率を低下させる。
(2)診断では、気管支拡張薬投与後の1秒率が、70%未満であることが基準となっている。
(3)フィッシャー比は低下する。
(4)喫煙は最大のリスク因子である。
(5)動脈中の酸素分圧は低下する。


予想29-41 アシドーシス・アルカローシスとその原因の組み合わせに関する記述である。
(1)呼吸性アシドーシス―――――慢性閉塞肺疾患(COPD)
(2)呼吸性アルカローシス――――過呼吸(過換気症候群)
(3)代謝性アシドーシス―――――慢性腎不全
(4)代謝性アシドーシス―――――激しい運動
(5)代謝性アルカローシス――――原発性アルドステロン症


予想29-42 神経疾患に関する記述である。
(1)ラクナ梗塞(穿通枝梗塞)は、細い血管に生じる脳梗塞である。
(2)アテローム血栓性脳梗塞は、主幹動脈などの太い血管に生じる脳梗塞である。
(3)アルツハイマー型認知症では、早期に人格障害がみられる。
(4)脳血管性認知症では、まだら認知症がみられる。
(5)パーキンソン病は、中脳黒質緻密質のドーパミン分泌細胞の変性によりおこる。


予想29-43 慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関する記述である。
(1)インフルエンザワクチン摂取は、死亡率を低下させる。
(2)診断では、気管支拡張薬投与後の1秒率が、70%未満であることが基準となっている。
(3)フィッシャー比は低下する。
(4)喫煙は最大のリスク因子である。
(5)動脈中の酸素分圧は低下する。


予想29-44 呼吸器の構造に関する記述である。
(1)肺のコプライアンスが大きいほど、肺は膨らみやすい。
(2)1秒率とは、努力肺活量のうち最初の1秒間に吐き出された量(1秒量)の割合である。
(3)肺胞膜を介してのガス拡散能は酸素より二酸化炭素が約20倍高い。
(4)一酸化炭素は、酸素よりも200倍以上も強くヘモグロビンと結合するため、血液の酸素運搬能を傷害する。
(5)横隔膜が吸気時に収縮すると、胸腔内は陰圧となる。


予想29-45 運動器疾患(骨・関節疾患)に関する記述である。
(1)小児期のビタミンD欠乏症では、くる病が起こる。
(2)クッシング症候群では、骨吸収が亢進し骨密度が低下する。
(3)骨軟化症は、ビタミンD欠乏
(4)ビタミンDやKの欠乏は、骨粗鬆症のリスク因子である。
(5)変形性ひざ関節症では、肥満がリスク因子である。


予想29-46 生殖器系の疾患に関する記述である。
(1) ヒトパピローマウィルス感染は、子宮頸がん発生と関連性が深い。
(2) 子宮体がんは、腺がんの頻度が高い。(子宮頸がんは扁平上皮がん)
(3) 子宮筋腫は、閉経前に好発する。
(4) 子宮内膜症は、エストロゲン依存性である。(乳がんや子宮筋腫、子宮体がんも)
(5)子宮頸がんに対して、使用される代表的な腫瘍マーカーはSCC抗原である。


予想29-47 免疫・アレルギーに関する記述である。
(1) ツベルクリン反応は、遅延型アレルギーである。(Ⅳ型細胞免疫型ともいう)
(2) Ⅲ型アレルギーは、免疫複合体の組織沈着により生じる。
(3) Ⅰ型アレルギー反応には、ヒスタミンが関与する。
(4) 食物誘発アレルギーの皮内反応は、15~20分後に判定する。
(5)ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、非特異的免疫を担う。


予想29-48 貧血に関する記述である。
(1) ビタミンK依存凝固因子には、第Ⅱ・Ⅶ・Ⅸ・Ⅹ因子がある。
(2) 溶血性貧血では、ハクトグロビンが低値となる。
(3) 鉄欠乏性貧血では、不飽和鉄結合能や総鉄結合能が増加する。
(4) 巨赤芽球性貧血は、胃全摘後約3~6年で発症する。
(5)慢性腎不全では、エリスロポエチンの産生が低下し、腎性貧血が起こる。


予想29-49 自己免疫疾患に関する記述である。
(1) シェーングレーン症候群では、唾液分泌が低下する。
(2) 強皮症では、食道蠕動が低下する。
(3) 関節リウマチは20~50歳の女性に多く発症する。
(4) 全身性エリトマトーデスは、若年女性に頻発する。
(5)アジソン病では、副腎皮質ホルモンの産生低下がみられる。


予想29-50 感染症に関する記述である。
(1) 妊娠中に風疹への感染は、胎児奇形を生じやすい。
(2) 手足口病は、コクサッキーウィルスやエンテロウィルスの感染で起こる。
(3) ムンプスウィルスは、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因ウィルスである。
(4) 麻しんに感染すると、コプリック(koplik)斑と呼ばれる複数の微小な白斑が出現する。
(5)帯状疱疹は、ヘルペスウィルスの一種で水痘(水ぼうそう)を起こす水痘帯状疱疹ウィルスが原因である。



[PR]

by inufukuken | 2015-03-20 12:35 | 人体の構造と機能(53) | Comments(2)

Commented by yuyu at 2015-03-24 20:46 x
こんばんは。
先日国家試験を受けたものです。
国試を勉強にするにあたりこちらのサイトを参考にさせて頂きました!
語呂などすごくわかりやすく覚えにくいことも抵抗なく勉強できました。
テスト数日前の予想問題もすごく勉強になりました。
ありがとうございました!
Commented by inufukuken at 2015-03-25 12:19
yuyuさん

コメントありがとうございました。予想問題は勉強会で使用した物をそのまま貼りつけたものでしたが、お役にたったようでなによりです。