第30回国家試験について(新ガイドラインについて)


みなさまご無沙汰しておりました。


29回の国家試験から早5か月が経ちましたね。



結果、全受験生の合格率は過去最高の55.7%でした。



私の周りでも一緒に勉強した2人が合格して、記念となる回となりました。



これから勉強をはじめる方は、30回からガイドラインが変更となるため新ガイドラインに沿って勉強することをお勧めします。一番の変更点はやはり、現行200問の出題範囲が変更になるという所でしょうか。下に簡単にまとめてみました。




科目    現行 ⇒新ガイドライン(増減)


社会と健康 20問⇒17問(-3)


人体の構造 30問⇒27問(-3)


食べ物   25問⇒25問


基礎栄養  14問⇒14問


応用栄養  16問⇒16問


栄養教育  15問⇒15問


臨床栄養  30問⇒28問(-2)


公衆栄養  20問⇒18問(-2)


給食管理  20問⇒20問


応用力   10問⇒20問(+10)



つまり、応用力試験を+10するために他の科目をちょっとずつ減らしたということでしょうね。


だからといって急に出題傾向が変ることはまずないので、模試などを受けて傾向をつかんで行きましょう。










[PR]

by inufukuken | 2015-09-05 14:57 | 試験対策のキモ(9) | Comments(0)