脳死の判定基準の覚え方

心臓死の判定基準は「死の3徴候」と言われる次の3つです。
・心拍動の停止
・呼吸運動の停止
・瞳孔反射の消失あるいは瞳孔の散大(以下、瞳孔散大と省略)

一方、脳死の判定基準は
①呼吸運動の停止
②瞳孔散大
③深昏睡
④平坦な脳波
⑤急激な血圧低下とそれに続く低血圧
⑥これらがそろった時点から6時間後にも、継続的にこれらの条件を満たすこと

という、心臓死の判定①②を含めた6つの条件を全て満たす必要があります。

心臓死の3つの判定基準はそれほど難しくないと思います。映画やドラマで、患者さんが亡くなる時に医者が行っている動作を思い浮かべてみて下さい。呼吸が止まる(呼吸運動の停止)心電図のモニターに波形が無くなる(心拍動の停止)、目を開いてライトを当てる(対光反射の消失)。これはよく見ます。

問題は脳死の方です。脳死は心臓死の心拍動の停止以外の2つと、その他4つの条件があります。そこでこれら脳死判定基準6項目を一気に覚えるゴロを作りました。覚えるインパクトが大事なので、不謹慎だと思われたらすみません。

父さん、事故で脳死。新婚決定を堪能できないなんてむごい。

①父さん→瞳孔散大
②事故→自発呼吸の停止
で脳死
③新婚→深昏睡
④決定→血圧低下
⑤堪能→平たんのう波→平坦な脳波
できないなんて
⑥むごい→6ごい→6時間後にも継続的に全ての条件を満たす


「脳死」の前にある2つは、心臓死の条件でもあるので分けて覚えられるようにしました。

ゴロだけ覚えても、キーワードしか出てこないので、キーワードが出てきたら条件が言える程度には内容を覚えておきたいですね。


参考書籍:2011年版UーCANの管理栄養士速習レッスン


















[PR]

by inufukuken | 2016-05-16 07:14 | 人体の構造と機能(42) | Comments(0)