第31回予想問題№22・23(人体の構造と機能及び疾病の成り立ち)

人体31回-№22(予想)すべて正答文です。
アミノ酸・たんぱく質の代謝に関する記述である。
1.オートファージーは、たんぱく質を分解する作用である。
2.ユビキチンは、細胞質の不要なたんぱく質の分解に関与する。
3.アドレナリンは、チロシンから生成される。
4.γアミノ酪酸は(GABA)はグルタミン酸から生成される。
5.アスパラギン酸は、アミノ基転移反応によりオキサロ酢酸になる。


人体31回-№23(予想)すべて正答文です。
糖質・脂質の代謝に関する記述である。
1.脂肪細胞中のトリアシルグリセロールの分解は、アドレナリンにより促進される。
2.糖新生は、肝臓と腎臓で行われる。
3.肝臓には、グルコース6ホスファターゼが存在する。
4.筋肉組織では、インスリンによりリポたんぱく質リパーゼ活性が抑制される。
5.β酸化はミトコンドリアで行われる。





[PR]

by inufukuken | 2017-03-09 00:06 | 人体の構造と機能(47) | Comments(0)