第31回予想問題№36~44(人体の構造と機能及び疾病の成り立ち)

予想問題の続きです。今回で最後となります。


人体31回-36(予想)すべて正答文です。
神経疾患に関する記述である。
1.ラクナ梗塞(穿通枝梗塞)は、細い血管に生じる脳梗塞である。
2.前頭側頭型認知症(ピック病など)では、早期に人格障害が見られる。
3.脳血管性認知症では、情動(感情)失禁がみられる。
4.パーキンソン病の 4 大症状は、①安静時振戦、②無動、③筋固縮、④姿勢反射障害である。
5.パーキンソン病は片側の上肢または下肢から発症し、病気の進行とともに症状は対側にも及ぶ。


人体31回-37(予想)すべて正答文です。
呼吸器疾患の病態に関する記述である。
1.血中二酸化炭素分圧の上昇は、ヘモグロビンの酸素結合能力を増加させる。
2.慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断基準には、1秒率が用いられる。
3.慢性閉塞性肺疾患(COPD)の病気分類には、1秒量が用いられる。
4.、痰を伴う慢性の咳が特徴である。
5.慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、痰を伴う慢性の咳が特徴である。


人体31回-38(予想)すべて正答文です。
運動器系に関する記述である。
1.骨粗鬆症では、高カルシウム血症となる。
2.慢性腎不全は、骨粗鬆症の原因となる。
3.糖質コルチコイド薬の投与は、骨折リスクを高める。
4.クッシング症候群では、骨折のリスクが高い。
5.骨量は、エストロゲンにより増加する。


人体31回-39(予想)すべて正答文です。
貧血に関する記述である。
1.溶血性貧血では、血清ハプトグロビン値が低下する。
2.鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能および不飽和鉄結合能が増加する。
3.巨赤芽球性貧血(悪性貧血)では、知覚障害がみられる。
4.巨赤芽球性貧血では、好中球の核の過分葉が認められる。
5.腎性貧血では、血清エリスロポエチン値が低下する。


人体31回-40(予想)すべて正答文です。
生殖器系の構造と機能に関する記述である。
1.黄体ホルモン(プロゲステロン)は、肥厚した子宮内膜を維持し、受精卵が着床するのに適した状態を作り出す。
2.エストロゲンは、子宮内膜を増殖・肥厚させる。
3.黄体形成ホルモン(LH)は、排卵を誘発する。
4.卵子と精子は、通常卵管膨大部で受精する。
5.テストステロンは、ラィディッヒ細胞から分泌される。


人体31回-41(予想)すべて正答文です。
生殖器系の疾患に関する記述である。
1.子宮内膜症は、閉経前に好発する。
2.子宮頸がんは、扁平上皮がんの頻度が高い。
3.子宮体がんは、腺がんの頻度が高い。
4.ヒトパピローマウィルス感染は、子宮頸がん発生と関連性が深い。
5.子宮内膜症は、エストロゲン依存性である。


人体31-42回(予想)すべて正答文です。
免疫に関する記述である。
1.マクロファージは、抗原提示を行う。
2.ワクチン接種による免疫は、能動免疫である。
3.抗体は、血漿のγグロブリン分画にある。
4.ナチユラルキラー(NK)細胞は、非特異的防御機構を担う。
5.母乳中の抗体による免疫は、受動免疫である。


人体31回43(予想)すべて正答文です。
アレルギーに関する記述である。
1.アナフィラキシーショックには、アドレナリン筋肉注射が第一選択である。
2.Ⅲ型アレルギー反応は、免疫複合体の組織沈着により生じる。
3.ツベルクリン型反応(または遅延型過敏症)は、Ⅳ型アレルギーに分類される。
4.IgG抗体は、胎盤を通過する。
5.食物アレルギーに、コルチゾールの投与は有効である。


人体31回-44(予想)すべて正答文です。
感染症に関する記述である。
1.再興感染症には、結核、マラリア、デング熱、狂犬病、黄色ブドウ球菌感染症などがある。
2.新興感染症には、SARS(重症急性呼吸器症候群)、鳥インフルエンザ、ウエストナイル熱、エボラ出血熱、クリ プトスポリジウム症、クリミア・コンゴ出血熱、後天性免疫不全症候群(HIV)、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、腸管出血性大腸菌感染症、ニパウイルス感染症、日本紅斑熱、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)感染症、マールブルグ病、ラッサ熱などがある。
3.新興感染症は、この 20年間に新しく認識された感染症で、局地的、あるいは国際的に公衆衛生上の問題となる感染症である。
4.妊娠中の女性が風疹に罹患すと、流産・早産の原因になる。
5. A 群β溶血連鎖球菌(溶に連菌)の感染は、小児の急性糸球体腎炎の原因になる。



人体の予想問題は以上です。過去7~8年の過去問からピックアップしたのがほとんどです。傾向対策としては使えると思いますので参考にして下さい。
参考にさせて頂いたのは、「管理栄養士国家試験徹底解説」のサイトです。こちらは山口県立大学の長坂先生が立ち上げたサイトで、私が受験勉強していたころから使わせていただいています。みなさんもよかったら覗いてみて下さい。

ご覧になっておかしい所や、誤字脱字等ありましたらコメント欄にご指摘いただけると助かります。


[PR]

by inufukuken | 2017-03-18 00:45 | 人体の構造と機能(47) | Comments(0)