2012年 11月 09日 ( 1 )

京都議定書の覚え方

国家試験では、京都議定書が地球温暖化原因物質(温室効果ガス)を削減するために作られたものだと覚えておけば解ける問題が多いようです。

そこで、京都議定書=CO2となるようにゴロを作ってみました。もしもあなたが一人っ子ならどんぴしゃなゴロです。


お母さんから突然こんな告白があったらビックリしませんか?

「実はあなたには、京都に義理の弟がいるのよ」

「京都に義弟??子2人か!」

子2人か⇒CO(こ)2人か⇒CO2か

京都に義弟⇒京都議定書



つまり、一人っ子だと思っていたあなたが、実は弟がいることが発覚し「自分を含めて親に子供が2人いるのか!!」と衝撃を受けたと思ってください。



これで京都議定書とCO2がつながりましたね。


(環境省ホームページを参考)
京都議定書は、1997年12月に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議で採択された気候変動枠組条約に関する議定書です。

地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素 (CO2)などについて、先進国における削減率を定め、共同で約束期間内に目標値を達成することが定められました。

日本は2008年から2012年までの期間中に、先進国全体の温室効果ガス6種の合計排出量を1990年に比べて少なくとも 6%削減することになっています。ちなみに先進国ではアメリカ合衆国だけが離脱していて国内外から非難を浴びているそうです。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-09 18:55 | 社会と健康(21) | Comments(0)