京都議定書の覚え方

国家試験では、京都議定書が地球温暖化原因物質(温室効果ガス)を削減するために作られたものだと覚えておけば解ける問題が多いようです。

そこで、京都議定書=CO2となるようにゴロを作ってみました。もしもあなたが一人っ子ならどんぴしゃなゴロです。


お母さんから突然こんな告白があったらビックリしませんか?

「実はあなたには、京都に義理の弟がいるのよ」

「京都に義弟??子2人か!」

子2人か⇒CO(こ)2人か⇒CO2か

京都に義弟⇒京都議定書



つまり、一人っ子だと思っていたあなたが、実は弟がいることが発覚し「自分を含めて親に子供が2人いるのか!!」と衝撃を受けたと思ってください。



これで京都議定書とCO2がつながりましたね。


(環境省ホームページを参考)
京都議定書は、1997年12月に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議で採択された気候変動枠組条約に関する議定書です。

地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素 (CO2)などについて、先進国における削減率を定め、共同で約束期間内に目標値を達成することが定められました。

日本は2008年から2012年までの期間中に、先進国全体の温室効果ガス6種の合計排出量を1990年に比べて少なくとも 6%削減することになっています。ちなみに先進国ではアメリカ合衆国だけが離脱していて国内外から非難を浴びているそうです。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-09 18:55 | 社会と健康(17) | Comments(0)

ラムサール条約の覚え方

国家試験で問題に出されるとすれば

水鳥の生息地として国際的に重要な
湿地の保護--------ラムサール条約

の関係性ぐらいです。

さて、どうやって覚えるか考えてみました。


水鳥からラムサールを想像する方法を見つけました。


みなさん干支(えと)は言えますか?12支といえば

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い

です。なかなか今では使う機会がありませんが…。

で、ラムサールとなにが関係あるの?と突っ込んでくれたあなたに教えちゃいます。



ラムサール条約

ラム と サール

ラムとは子羊のお肉

サールは猿です。




勘のいい人ならもうおわかりですね。羊(ひつじ)、サル、とくれば次は「鳥」です。



だから
羊(ラム)⇒サル⇒(水)鳥⇒湿地保護

と覚えましょう!回りくどいかな?


(外務省ホームページを参照)
特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地及びそこに生息・生育する動植物の保全を促し、湿地の適正な利用を進めることを目的として、1971年2月2日、イランのラムサ-ル(カスピ海沿岸の町)で開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」において、本条約が採択されました。ちなみに日本は1980年に加入しています。

外務省のホームページに日本の条約湿地というPDFファイルがありましたので、興味のある方はどうぞ!以外に自分の身近にあるかもしれませんよ。そういうので覚えられるものです。無い方は有名どころで覚えましょう。http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/pdfs/rmsl.pdf
[PR]

by inufukuken | 2012-11-01 20:43 | 社会と健康(17) | Comments(0)

バーゼル条約の覚え方

バーゼル条約とは、有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関する条約のこと。つまり産廃みたいなごみを自分の国から勝手によその国へ持ち出せなくなったということですね。1989年スイスのバーゼルにおいてこの条約が採択されました。ちなみに日本も1993年に加入しています。

国家試験で問題に出されるとすれば

有害廃棄物越境移動規制--------バーゼル条約

の関係性ぐらいです。

さて、どうやって覚えるか考えてみました。

バーゼル  ハーゼル  ハセル

馳せ参じる(はせさんじる)

ハセさんじ

かなり強引ですが、みなさん馳せ参じるという言葉、わかりますか?

噛み砕くと、急いで来ました的な意味です。

遠くから、馬を馳せ(急がせる)てやってきた。とでもいいましょうか?

本題から若干ずれましたが、「遠いところから荷物を運ぶ」イメージを

バーゼルから読み取って欲しいのです。

無理でしたらコメントください。また考えます。ちょっと難しかったかな~
[PR]

by inufukuken | 2012-11-01 00:26 | 社会と健康(17) | Comments(1)

モントリオール議定書の覚え方

モントリオール議定書は、オゾン層を破壊するおそれのある物質(特定フロン)を指定し、これらの物質の製造、消費及び貿易を規制することを目的とし、1987年にカナダ(モントリオール)で採択された議定書のことです。ちなみに日本も1988年に加入しています。

国家試験で問題に出されるとすれば

オゾン層を破壊する物質(特定フロン)の規制--------モントリオール議定書

の関係性ぐらいです。

さて、どうやって覚えるか考えてみました。

特定フロンといえば、以前は冷蔵庫の冷媒に使われていた「フロンガス」ですよね。

そうそう、特定フロン⇒冷蔵庫⇒寒い⇒
             ⇒北国⇒カナダ⇒モントリオール

逆からでも同じように連想できますよね。
こんな感じで覚えてみてはいかがでしょうか?

似たような問題で京都議定書と温室効果ガス(地球温暖化対策)というのがありますので間違えないように!
[PR]

by inufukuken | 2012-10-31 21:02 | 社会と健康(17) | Comments(0)

2類感染症

2類感染症には、
急性灰白髄炎(ポリオ)、結核、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(H5N1)があります。2類でよく出題されるのが「結核」や「ポリオ」などです。H5N1の鳥インフルエンザもイジワル問題でたまに出ますので忘れずに。(H5N1以外の鳥インフルエンザは5類に分類されます。)
ここでは、フリーになった元日テレアナウンサーの羽鳥さんにスポットを当ててみました。フリーになっても日テレでの仕事を辞めない根性は立派です。



ポリポリけつかく、羽鳥辞さず。
ぽりぽり  けつかく  はとり  じ  さず


ぽりぽり   ポリオ
けつかく   結核
羽鳥     鳥インフルエンザ(H5N1)
ジ       ジフテリア
さず      SARS(重症急性呼吸器症候群)


ぽりぽりと2回かいているので、2類感染症と覚えてください。羽鳥さんけつ掻いてでもがんばってください!
[PR]

by inufukuken | 2011-09-19 15:33 | 社会と健康(17) | Comments(0)

1類感染症の覚え方

感染症は1~5類までありますが、1~4まで覚えれば残りが5類ですから上から順番に覚えましょう。

ここでのイメージは「エバラ」で新商品を発売したという一場面。エバラは焼肉のたれで有名ですが、ここではなぜかデザートを発売しています。気にしないで覚えましょう。


まずは1類感染症からどうぞ!


エバラで新発売第1位。ペースト状のバナナにマーブルチョコをサラッと塗装しました。

エバラで       ①エボラ出血熱
新発売第1位    1類感染症
ペースト状の    ②ペスト
バナナに       ③南米出血熱
マーブルチョコを  ④マールブルグ熱
サラッと       ⑤ラッサ熱
塗装しました。   ⑥痘瘡
[PR]

by inufukuken | 2011-09-18 23:03 | 社会と健康(17) | Comments(0)

ヘルシンキ宣言

ヘルシンキ宣言は1964年、フィンランドの首都ヘルシンキにおいて開かれた世界医師会第18回総会で採択されました。

医学研究者が自らを規制する為に採択された人体実験に対する倫理規範。正式名称は、「ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則」です 。

ヘルシンキ宣言のなかで重要な基本原則は以下のようなもの。
1.患者・被験者福利の尊重。
2.本人の自発的・自由意思による参加。
3.インフォームド・コンセント取得の必要。
4.倫理審査委員会の存在。
5.常識的な医学研究であること。

この中で、とくに重要なのはインフォームドコンセントです。これは、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念で、おもに医療現場での説明責任を意味します。つまり、医師が患者さんに病状や薬の副作用、予後などの情報を正確に伝えて、両者同意の上で医療行為等を行うということ。これにより、患者さんの心配な気持ちは減っていくでしょう。

ここで思いついたゴロを紹介します。


インフォームドコンセントで、心配な気持ちがヘルシンキ

インフォームドコンセントで、心配な気持ちが減る(しんき)


インフォームドコンセントと来たら、ヘルシンキ宣言と覚えましょう。試験では組み合わせが正しいものはどれか?という設問で出題されやすいので、こんな感じでOKです。
[PR]

by inufukuken | 2011-09-17 20:30 | 社会と健康(17) | Comments(0)

腸チフスとパラチフス

腸チフスとパラチフスはどちらが重症でしょうか?

こんな覚え方はいかがでしょうか?

腸チフスは 超痛い

パラチフスは パラット痛い

超痛い>パラット痛い


つまり腸チフスの方が重症になりやすいんです。簡単でしょ?

これは試験に出ましたので、紹介しました。
[PR]

by inufukuken | 2011-09-16 21:06 | 社会と健康(17) | Comments(0)

疫学研究についてⅢ(相対危険と寄与危険)

今回はコホート研究で算出する「寄与危険相対危険」を紹介します。


これはコホート研究がどのような研究かが分かっていないと説明できないので、そこがわからない方は「疫学研究についてⅡ」へ戻ってもう一度読み返してください。
ここからは、前回の続きだというのを前提に読んでください。寄与危険・相対危険いずれも罹患率、つまり「肺がんになってしまった率」を群別に把握しその差(寄与危険)と比(相対危険)を計算したものです。



寄与危険(罹患率の差)は、その差が「たばこのせいで肺がんになった分」であって、逆に言うとその差が「たばこを吸わなければ肺がんにならなかった分」となります。数字を入れて例えるなら、喫煙群の肺がん発生率が50%、非喫煙群の肺がん発生率が10%だとすると、「50-10=40%」つまり、寄与危険度は40%となります。



相対危険(罹患率の比)は、その比といいましたが、たばこを吸うことによって何倍肺がんになったかを数字で表したものです。計算式はありますが、あえて覚えなくても言葉の意味を理解していれば、おのずと分かると思います。一応、寄与危険度と同じように計算すると「50÷10=5倍」つまり、相対危険度は5倍となります。喫煙すると、そうでない人に比べ5倍肺がんにかかりやすいということですね。


以上から、寄与危険度は40パーセント、相対危険度は5倍となります。読んで字のごとくこの2つの単位は違いますので求めている意味もおのずと違うものだというのは分かると思います。


ここの覚え方も、前に紹介したコロさんのブログ「ゴロで管理栄養士」にすごく簡単にして載っています。http://dietitian.blog68.fc2.com/blog-entry-53.html左記を参考にしてください。是非おすすめです。



つぎに、症例対照研究で算出する「オッズ比」を紹介したいのですが、私も完ぺきにマスターしたわけでないのでポイントだけ紹介します。

ズバリ、オッズ比は症例対照研究で使われる。これだけは覚えて下さい。これはしょっちゅう問題に出ます。噛み砕くと、コホート研究で言う「相対危険」のようなものです。以前、管理栄養士の国家試験に「オッズ比」の計算式が出たことはありますが、難易度的にはかなり高い問題でした。なので、ここに勉強の時間をついやすのではなく、別のところに使った方が良いと思ったので、あえてこの辺で終わります。
[PR]

by inufukuken | 2011-08-22 16:13 | 社会と健康(17) | Comments(0)

疫学研究についてⅡ(種類と信頼度)

管理栄養士国家試験で必要な疫学分野の知識として疫学研究は非常に重要な部分です。そこで簡単に紹介したいと思います。


このブログを見るだろう方々はおそらく管理栄養士の勉強をされた方で、今いち疫学がわからない方だと推察いたします。なので、私が勉強して「ここがポイントだという所」をお教えしたいと思います。10分もあれば読めますのでしばしお付き合いください。まずは、お手持ちの教科書の疫学のところを開きながら以下をご覧ください。




まず、覚えなければならなないのは、疫学研究の種類5つ
①無作為抽出比較対照試験(randomized controlled trial)RCT試験とも言う。
②コホート研究
③症例対照研究
④横断研究
⑤生態学研究


これは科学的に信頼性の高い順番で列記してあります。覚え方は頭文字をとって「ムコシヨコセ」と覚えます。意味は特にないのでこのまま覚えた方が楽です。

ちなみに、これは「ゴロで管理栄養士」というコロさんのブログから引用したものです。詳しくはコチラヘhttp://dietitian.blog68.fc2.com/blog-entry-52.html#

なぜ、これを覚えなければならないのかというと、簡単、試験にそのまま出ますよ。信頼性の高いのはどちらか?みたいなの。


次に、ざっくり上にあげた研究がどんなものなのか1つの関係を元に説明します。それはずばり「喫煙と肺がんの関係」です。この2つには密接な関係があることは万民の知るところだと思います。なのでこれを使って①~⑤すべての研究を説明したいと思います。


では信頼度の低い順にどういう研究なのか例をあげます。

生態学研究
「喫煙率が高い国ほど肺がん発生率が高い。」という研究


横断研究
「喫煙者と非喫煙者では喫煙者の方が肺がん患者が多い。」という研究



⑤と④は、「記述疫学」と言い、字のとおり資料から喫煙が肺がんの原因ではないかと仮説を立てる研究のことです。⑤と④の違いは調査対象が「⑤集団」か「④個人」かが、一番のポイントです。あまりに簡単に説明しすぎだ!と言われそうですが、この2つに関してはこの程度の認識で良いと思います。試験にもめったに出ないし、出ても信頼度を比較する問題ぐらいです。




では次、ここからは少しややこしいですが、とても重要ですのでついてきて下さい。

症例対照研究
「肺がん患者群(症例群という)と健康者群(対照群という)を同じ数集め、過去にどの程度喫煙していたかを調べる。結果、症例群の方が喫煙者が多ければ喫煙が肺がんの原因であると推論できる。」という研究。後ろ向き研究とか、患者対照研究ともいう。


コホート研究
「喫煙者群(曝露群)と健康者群(非曝露群)を同じ数集め、両群を数年追跡し、その肺がん罹患率を比較する。結果、曝露群の方が肺がん罹患率が高ければ、喫煙が肺がんの原因であると推論できる。」という研究。前向き研究ともいう。

ここでのポイント、③の症例対照群は読んで字のごとく症例(肺がん)を持った人を対象にします。逆に、②のコホート研究は、症例を持った人は使わず、喫煙をしている人(曝露群)を対象とします。「曝露」とは、ここでは喫煙してその害にさらされること。つまりタバコです。原発の被曝も同じことで、放射能に曝露されているのです。
わたしの中では曝露=タバコで覚えています。この方がとっさの時に思い出しやすいです。

③と②は「分析疫学」といい⑤と④で立てた仮説を「分析」する研究です。横断研究は一時点での結果をもとに調査しますが、③②では時系列が発生します。(過去にさかのぼったり、何年後であったり)なので、横断研究に対して、「縦断研究」という言われ方もします。ちなみに、①も縦断研究です。


最後に

無作為抽出比較対照試験
「対象集団を無作為に二軍に割り振り、片方の群にたばこを吸わせ(曝露群)もうひとつの群(非曝露群)にはなにもしない。その後の肺がん罹患率を比較する。結果、曝露群の方が肺がん罹患率が高ければ、喫煙が肺がんの原因であると推論できる。」という研究。

これは④と⑤で立てた仮説を検証する「介入研究」と呼ばれています。信頼度が一番高い理由は、原因と思われる曝露(喫煙)を患者にさせる所にあります。つまり、健康な人に、たばこを吸ってもらって将来肺がんになる可能性がどの程度あるか調べるわけです。②③④⑤では対象者に一切手を触れていませんが、①だけは手を触れています。つまり「介入」している訳です。


以上をまとめると、症例対照研究では、肺がんにかかった人を集めて今までの喫煙歴を調査しました。②と大きく違うのは、先程も書いたとおり、症例を持った人を使うところ。それに対し、コホート研究では、まだ、肺がんには罹患していないが、肺がんになりそうな人を集めます。症例対照研究で問題になるのは、「過去の話なので、証言が本当かどうかわからない」ということ。ここが、大きなポイントです。コホート研究ではこうしたことはなくなりますが、肺がんになりそうな人を集めているので、往々にして別な要因(肺がんになる)を併せ持つ可能性があります。なので、③よりは信頼度は高まりますが、①よりは信頼度が落ちるのです。



ただし、喫煙と肺がんの関係に限って言えば①の研究は倫理的に不可能な研究と言わざるを得ません。体を悪くする可能性があるものをお願いするのは無理ですよね。なので、①の研究と言うのは原則、動物実験等で人体に有用であると推論できるもののみが許可されるようです。さらに、①の研究の非曝露群には本来、プラセボという偽薬を投与し対象者にどちらを投与したかわからなくする必要があるそうです。さらにさらに、診断者に対しても「どちらに有用な薬を飲ませたかは教えない」というのが原則だそうです。この2つを合わせて二重盲目法と言うそうです。診断者にもその情報を教えないことで、診断者の「この患者は有用な薬を飲ませたから良くなっている」という固定観念(バイアス)を排除できるわけです。結果、喫煙と肺がんの関係を研究する上で一番高度な研究はコホート研究となります。


ここまでくれば、疫学研究の種類と信頼度の順番はわかったのではないでしょうか?一番わかりやすい喫煙と肺がんの関係を使って、すべての研究を行ってみました。

これは、あくまでも私が勉強して試験の問題を解くに必要であると思うところを中心にズラズラと書いたので、ところどころおかしいと思うところがあるかもしれませんが、これをきっかけに疫学が好きになってもらえればと思いながら書きました。
参考にさせていただいたのは、筑波大学大学院人間総合科学研究科の本田 靖先生の「 疫学3:疫学調査の研究デザイン . 日本衛生学雑誌 2008; 63: 746-748」と、大阪大学大学院医学系研究科-老年腎臓内科学-腎臓内科のホームページの「疫学研究デザインの分類」です。(http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/kid/clinicaljournalclub5.html )
ホームページで検索するとどちらも出てきますので興味のある方はそちらをご覧ください。
次回は、「寄与危険・相対危険・オッズ比」を紹介したいと思います。
[PR]

by inufukuken | 2011-08-22 01:58 | 社会と健康(17) | Comments(0)