スルホニル、すると出る出るインスリン

糖尿病の経口血糖降下薬の問題で良く出る3つの薬を覚えましょう。
簡単に説明すると以下の通りです。ゴロを覚えるにしても最低限どんな作用で血糖が下がるかはまず覚えなければなりません。



スルホニル尿素薬(SU薬)
・膵β細胞に働き、服用後短時間で強力なインスリン分泌刺激作用を示し、インスリン分泌機能が残存する2型糖尿病が適用になる。食事療法・運動療法だけでは改善しない食前食後の血糖値が高い非肥満者に適する。

α-グルコシターゼ阻害薬(α-Gl薬)
・小腸粘膜上皮細胞に存在する二糖類分解酵素(αグルコシダーゼ)の作用を 競合的に阻害して二糖類から単糖への分解を抑制し、食べ物に含まれている糖質の分解・消化を妨げることで、食後の血糖値上昇を抑える。

ビグアナイド薬(BG薬)
・主に肝臓に作用して糖新生を抑制する。食欲を抑制する効果もあり、肥満を伴う2型糖尿病患者の第一選択薬として用いることもある。注意すべき副作用として乳酸アシドーシス挙げられる。


この3つは、作用する場所がすべて違います。

①スルホニル尿素薬は膵臓

②α-グルコシターゼ阻害薬は小腸

③ビグアナイド薬は肝臓


つまり、

① スルホニル尿素薬は膵臓に働きかけインスリンを分泌させる。

② α-グルコシターゼ阻害薬は小腸のα-グルコシターゼが作用しないように働きかけ、糖の吸収を遅らせる。

③ ビグアナイド薬は、肝臓に働きかけ糖新生を抑制する。


ようは、この3つの薬は作用する場所さえ思い出せれば薬の作用を思い出し易いと思うんです。


そこで、作用する場所をこう覚えましょう。


ルホニル尿素薬スいぞう「ス」が同じ。

α-グルコシターゼ阻害薬α小腸のようにくねくねしているイメージを持つ。

ビグアナイド薬肝臓なので、人間の一番ビッグ細胞を思い浮かべましょう。


これで3つは忘れないと思いますよ!

スルホニルはインスリンを膵臓から分泌させるのでこんな語呂はいかがでしょう?



スルホニル するとでるでる インスリン049.gif
[PR]

by inufukuken | 2012-09-06 19:10 | 臨床栄養学(3) | Comments(0)

ナイアシンの欠乏症ペラグラ

ナイアシンは別名ニコチン酸とかニコチン酸アミドと呼ばれています。

NAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)、NADH、NADP+やNADPHとして多くの酵素の補酵素の原料となっており、体内での糖質代謝、脂質のエネルギー代謝を促進する働きを持っています。これが不足すると体の各組織における酸化還元反応がうまく行われなくなります。

ペラグラとは、ナイアシンの不足によって起こる皮膚疾患、下痢、痴呆などの症状を伴う栄養疾患です。


覚え方ですが、薄っぺらい人間のことを想像して下さい。


おまえ、無いや、芯。ペラペラだ。

無いや芯⇒ペラペラ

ないやしん⇒ペラペラ

ナイアシン⇒ペラグラ
[PR]

by inufukuken | 2012-09-05 22:40 | 基礎栄養学(17) | Comments(0)

セレン(Se)の欠乏症は克山(ケシャン)病

セレンはミネラルのひとつで、別名セレニウムとも呼ばれています。
試験でよく出るのは欠乏症の(克山)ケシャン病です。克山病は、中国の風土病とも言われていて、海のない中国内陸部ではミネラル分(セレン)が不足しこの病気にかかりやすいと言われています。だから海が近い日本ではあまり見かけない病気のようです。




セレン(Se)とケシャン病をセットで覚えるためにこんなゴロを考えました。032.gif


洗練されたくしゃみ。(はっ)ケシャン

レンされたくしゃみ。はっケシャン病



くしゃみは「はっくしゅん!」ですが、「はっけしゃん」でもいいですよね!!

このゴロのポイントはSe(セレン)からも、克山(ケシャン)病からでもお互いを思い出せる所です。
Seときたら「洗練されたくしゃみ」。ケシャンときたら「くしゃみ」→洗練された「セレン」と繋がりませんか?覚えるときは、想像するとちょっと笑ってしまうような組み合わせを考えると忘れませんよ!
[PR]

by inufukuken | 2012-09-04 00:31 | 基礎栄養学(17) | Comments(0)