いかにして120点を取るか

まぁ単純に「全体の6割と取る」でもいいです。

ですが、人にはそれぞれ得意分野不得意分野がありますよね。


私が思うに、管理栄養士国家試験は栄養学・医学分野が苦手だとまず受からないでしょう。
なんせ人体の構造と機能30点、基礎栄養学14点、応用栄養学16点、臨床栄養学30点と合計90点の配点があるからです。

逆に、ここで7割程度(90点中63点)取れれば残りの分野が5割ちょっと、正確には5割2分(110点中57点)でも受かるんです。


社会と健康や、食品学、公衆栄養学、栄養教育、給食管理は暗記ものが多い上に出題範囲が広いので勉強してもなかなか実にならない分野でもあります。しかし、実際に試験を受けてみるとなぜか黙ってても5割くらいは取れる分野でもあります。
「そうなんだよね」と思った方いませんか?

でも、いくら得意だとしても満点を取るのはかなり難しい分野ではないでしょうか。逆に、範囲がそれほど広くない基礎栄養学や応用栄養学は満点を取ることも夢ではありません。


なので、基礎栄養学(応用栄養学)⇒人体の構造と機能⇒臨床栄養学と関連付けて勉強してみましょう。
この分野は勉強していくと関係性が出てきて、記憶を定着させやすいです。

しかも、問題を見てみると同じような内容でちょっと文章を変えただけの問題がよく出ます。なので、再度同じような問題が出る確率は非常に高い。
「やった分だけ実になる」とでも言いましょうか、とにかく栄養学・医学系の分野は自分の勉強時間の半分を費やしてもいいぐらいだと私は思っています。基礎栄養学、応用栄養学、人体の構造と機能、臨床栄養学はそれくらい大事な試験ののカナメなんです!


最後にもうひとつ、苦手教科は極力作らないこと。苦手であっても5割は取れるような勉強をして下さい。「苦手教科があっても得意科目で補えばいいや」と思っているそこのあなた!

甘~い!!
試験はそんなに甘くないですよ!得意科目であっても予定通り点数が取れなければ、やはり苦手教科を作ったせいで試験には受からなくなってしまいます。そんなの嫌ですよね。


だから、まんべんなく勉強しなくてはいけないんです。でも、勉強の重点を基礎、応用、人体、臨床に置いて勉強していけばいつのまにか模試で安定した点数がとれるようになってきます。

今回のまとめ、

①基礎、応用、人体、臨床の90点で7割を目指せ!
②苦手教科を作るな!苦手でも5割は取れるように努力せよ!
③得意科目で苦手科目を補おうとするのは甘い!


とにかく、安定して①の分野で7割を取れるようになってください。そうすればおのずと全体の点数がアップしていくと思います。頑張れ~
[PR]

by inufukuken | 2012-11-28 22:42 | 試験対策のキモ(7) | Comments(0)

6割で合格の落とし穴

問題を解いた人ならわかると思いますが、午後の最後10問は応用力問題で1問1分30秒で解くのはまず無理でしょう。というか、何分あっても解けないような難解な問題がちょいちょい出てきます。


そして、この10問のために時間を残しておきたいと普通の人なら思うでしょう。
しかーし、応用力問題の10問も1問1点なんです。応用力問題の1点と、他分野の1点の価値は「選挙の一票の格差」とまではいいませんが、同じ1点なのに解くための労力にすごい格差があります。こんな難しい問題のために他の問題よりも時間を掛けるのは私的には「ナンセンス」だと思います。応用力問題は「解ければラッキー」ぐらいで考えないと、10問中0点だった時に非常にダメージが大きいです。

要するに、応用力問題を除く190問で120点(正当率で63.2%以上)を取れないと「絶対に受かる」というのは難しいでしょう。

なので、世間一般で言われている「6割で合格」は鵜呑みにしないで下さい。確かに、結果的に120点を取れれば合格なんですが最後の10問はそれまでの190問とは比べ物にならないくらい難しいです。

それは、実際に「難しかった問題ベスト10」をアンケートにした特集でベスト10に入っているのはほとんどが応用問題だった事実が物語っています。(メディックメディアから発行されているインフォーマというフリーペーパーに載ってます。)


今日の試験対策のキモは

①応用問題は「解ければラッキー」
②190問で6割を目指せ!

以上です。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-26 23:08 | 試験対策のキモ(7) | Comments(0)

1問1分30秒の落とし穴

国家試験の問題数は午前105問、午後95問の計200問です。時間は午前2時間40分(160分)、午後2時間25分(145分)です。1問に当てられる時間はおおよそ「1分30秒」です。

さらに、1問は5つの問題からなりますので、1つの文章をおよそ18秒で○×を判断しなくてはいけません。

私なんかは、模試などをやり始めた頃はとてもじゃないけど時間内に終わりませんでした。どうしてもわからない問題に時間を掛けてしまって、時間内に最後まで終わらないことが多かったです。


これを解決するのは「慣れ」しかありません。とにかく何回も問題をこなして時間配分をつかみましょう。1度に解く問題は10問でも良いので、1問1分30秒の感覚を体に覚えさせてください。時間があれば1回で20~30問くらい解くのががお勧めです。30~45分で解けて、その後答え合わせをしても1時間くらいで終わるので集中力が持ちます。(私の場合ですが…)


ストップウォッチ機能で計測しながらやるのもお勧めですよ。慣れてくると
ああ、この問題ははあきらめないと間に合わないな」という感覚が身についてきます。


でもこれには2つの大きな落とし穴があります。

それは、
①見直す時間が含まれていない。
②午後の応用力問題10問も1問1分30秒で解かなければいけない。



ということです。見直しは大事ですよ。自分の出した解答を訂正することは少ないですが、マークシートの付け間違いや2つマークしなければいけない所を1つしかマークしていなかったとか。そんなケアレスミスで1点を取りこぼしたくないですよね。なので、見直しはすごく大事です。


それと、午後の応用力問題です。これは1問1分30秒で解くのはかなり困難でしょう。見て分かるとおり文字数も多いし、計算しなくちゃいけなかったりと難問が目白押しです。(応用力問題については後日ポイントを紹介します。)


このように、「1問1分30秒で解くことは基本」なんですが、そればかりに集中していると思わぬ落とし穴が待っていることをお知らせしたかったのです。これこそ国家試験のキモではないでしょうか?
[PR]

by inufukuken | 2012-11-25 21:34 | 試験対策のキモ(7) | Comments(0)

クロム(Cr)欠乏症の覚え方

クロムの欠乏症の代表は耐糖能異常(たいとうのういじょう)なんです。

クロム(Cr)ってクロムメッキのクロムなんですね。
よくオモチャのお金(100円玉や500円玉)とかが、ピッカピカに光ってるのとか見たことありませんか?
それって、プラスチックや鉄にクロムをメッキしているんです。


そこで、こんなゴロを思いつきました。


クロムメッキしたおもちゃのお金をDyDo(ダイドー)のジュース販売機に入れたら異常を起こした。

クロムメッキのお金、ダイドー販売機の異常

クロム、ダイドーの異常

クロム、だいどーのいじょう

クロム、だいとーのーいじょう

クロム、たいとうのういじょう


クロム、耐糖能異常

今回はやや強引でしたが、こういうのはイメージが大事です。おもちゃのお金を販売機に入れて壊した姿を想像して下さい。忘れませんよ!
[PR]

by inufukuken | 2012-11-21 23:24 | 基礎栄養学(17) | Comments(0)

クワシオルコルとマラスムスの覚え方

低栄養状態には、クワシオルコルとマラスムスの2つのタイプがあります。

クワシオルコルは、主に蛋白質の欠乏によって、マラスムスは、主にエネルギー摂取不足で起こります。

国家試験では、ここを問題に出すことが多いようです。
例えばこんな問題、

第17回-
問28栄養欠乏症に関する記述である。正しいものの組合せはどれか。
a マラスムス型の栄養失調は、エネルギー欠乏が主体になって起こる。
b 脚気は、ビタミンB2不足によって生じる。
c 高齢者では、銅欠乏による味覚障害が生じる。
d ビタミンK欠乏は、血液凝固異常により出血傾向を示す。
(1)aとb  (2)aとc  (3)aとd  (4)bとc  (5)cとd


aはマラスムス型低栄養の典型です。
bはビタミンB1ですね。
cは先日やった亜鉛が正解
dは血液凝固の機序を以前やりました。これは正解。


これは、マラスムス型しか出てませんが、25回の追試-問36では「クワシオルコル型の低栄養には脂肪肝が見られる」という少し高度な問題も出ています。

いずれにしても、まずはマラスムスがエネルギー摂取不足、クワシオルコルがたんぱく質摂取不足の低栄養状態というのを覚えなくてはいけません。

クワシオルコルで脂肪肝になるのは、たんぱく質不足で、肝臓で作られるはずのリポたんぱく質が作られず肝臓に脂肪が溜まってしまうからです。リポたんぱく質は中性脂肪やコレステロールの運搬船ですからね。教科書で復習してみましょう。



それでは本題。どうやって
マラスムス--エネルギー不足
クワシオルコル--たんぱく不足

を覚えるかでしたね。

私は、こうやって覚えました。


マラスムス⇒わらスムス⇒「わら」は稲わらを連想する。そうすると米はエネルギー

クワシオルコル⇒イワシオルコル⇒「いわし」は魚。たんぱく質。


どっちか1つ覚えるだけでも効果的です。是非マスターしてください。emoticon-0165-muscle.gif
[PR]

by inufukuken | 2012-11-19 22:04 | 人体の構造と機能(35) | Comments(0)

亜鉛の欠乏症の覚え方(UHA味覚糖)

みなさん「ぷっちょ」で有名なUHA味覚糖はご存知ですか?
UHAは「ゆーは」と読むんですが、ここがポイントです。

亜鉛の欠乏は舌の味蕾(みらい)の減少による味覚異常が有名です。

国家試験では亜鉛と味覚異常をセットで覚えましょう。


亜鉛は元素記号でZnです。

Zとn …なんか見えてきませんか?

そうです、Zとは舌(ぜつ)のことを意味してると思いましょう。

さらにZは次に続くnをひっくり返せと言っているように見えませんか?矢印的な感じで。


そこで、nをひっくり返すとuになります。

uから連想するのはやはりUHA味覚糖ですね!


uは味覚糖⇒⇒uは味覚異常(uはみかくいじょう)

Zの舌とセットで覚えると間違えないんじゃないでしょうか。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-18 22:58 | 基礎栄養学(17) | Comments(0)

ビタミンミネラルの欠乏症の覚え方

ビタミンやミネラルは過剰症や欠乏症(圧倒的に欠乏症が多い)を問われます。例えば

第25回
問130 ビタミン・ミネラルの欠乏に関する組合せである。正しいのはどれか。
×(1)ビタミンK――眼球結膜乾燥症
×(2)ビタミンD――高カルシウム血症
○(3)ビタミンC――出血傾向
×(4)銅――血中好中球数の増加
×(5)亜鉛――食欲亢進

この問題のように欠乏症とその症状を問う問題が多いようです。
ですので、ノートにビタミンとその欠乏症や過剰症で表を作ってみましょう。

(例えばこんな感じで)
(名称)―――(欠乏症)
ビタミンC――出血傾向、壊血病
亜鉛――――味覚異常、食欲不振
セレン―――克山病(ケシャン病)
○○○――――○○○○病
○○○――――○○○○病
○○○――――○○○○病


そうすると次に同じような傾向の問題が出た場合にも対応できると思います。逆にそうしないと、この問題は解けるけど違う問題が混ざると途端に解けなくなります。


「過去問を解くだけではなかなか合格できない」というのは、こうした問題の傾向を読み取るのに過去問は適しているが、まったく同じ問題はなかなか出ないので点数が伸びないことになります。


そんなの分かっているよと言われればそれまでですが、試験対策を効率的にしていくには、このように問題の傾向を読み解く力をつけて、覚えることを必要最小限にしていかなければ、多岐にわたる分野を制覇できないでしょう。時間に余裕があるなら、欠乏症の病名からどんな病気なのかノートにまとめてみるのもいいかもしれません。

ちなみに冒頭でも紹介していますが、欠乏症と過剰症では欠乏症を問題とすることが多いようです。そもそも水溶性ビタミンなどは過剰に摂取しても、それが尿と一緒に体外へ排泄されるため過剰症が起きにくいというように、過剰症がない場合もあるからでしょう。

さらに、人体の構造と機能を勉強していくと、本来のビタミンやミネラルの働きを覚えることになります。その働きが欠乏によりできなくなることによって症状が起きます。

たとえばビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせないものですが、これが欠乏することでコラーゲンが生成されず、血管の構成成分であるコラーゲンが不足し血管が破れる出血傾向や壊血病がおきます。

つまるところ、ポイントは欠乏症をいかにして覚えるかでしょう

次回は亜鉛の欠乏症の覚え方を紹介します。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-16 21:16 | 試験対策のキモ(7) | Comments(0)

アジソン病の覚え方

アジソン病とは副腎皮質から出ているホルモン(アルドステロンやコルチゾールなど)の分泌が慢性的に低下した状態をいいます。つまり副腎皮質機能低下症ですね。


以前アルドステロンを題材にしたことがありますが、アルドステロンは体内のナトリウムの再吸収を促進して、カリウムを排出するものですが、この機能が亢進すると原発性アルドステロン症という、高Na血症低K血症を発生します。


アジソン病はアルドステロンが出なくなる病気ですから低Na血症高K血症となります。症状としては易疲労感、全身倦怠感、脱力感、筋力低下、体重減少、低血圧……。とたくさんありますが、国家試験対策として覚えて頂きたいのは低Na血症です。


原発性アルドステロン症(副腎皮質機能亢進症)は アルドステロンが過剰に産生されることからその役割であるNa再吸収促進、K排泄増加で
低K血症
高Na血症でした。アルドステロンは「アルK捨てろ」でKが捨てられるからでしたね。


さて今回はその反対の働きアルドステロンが出ない「アジソン病」です。このようにこじつけてみてはどうでしょうか?


アジソンは味損(あじそん)

つまり、味(Na)を損(損失)する=低Na血症となります。


これで、アジソン病=低Na血症がつながりましたね!!
[PR]

by inufukuken | 2012-11-15 17:21 | 人体の構造と機能(35) | Comments(0)

ワシントン条約の覚え方

ワシントン条約は今までやってきた条約の中では一番ポピュラーな条約ではないでしょうか?そうはいってもこれを見てくれた人の中にはさっぱりわからんという人もいるかもしれませんのでゴロを作っちゃいました。

アメリカに観光旅行に行った帰りの出来事です。

ワシの剥製を日本にもって帰ろうとしたら税関でトントンされた。

ワシ トントン 条約

ワシントン条約

税関でトントンされて別室に連れて行かれ、ワシの剥製は没収されました。



だって、ワシントン条約は「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」で国際取引を規制することで野生生物の保護をめざすものだからです。

対象には生物のほか、剥製、加工品、毛皮、牙なども含まれます。1973年にワシントン会議で条約が採択され、日本は80年に批准しました。でもクジラについては留保してるんだそうです。食べるからでしょうね。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-10 20:12 | 社会と健康(17) | Comments(0)

京都議定書の覚え方

国家試験では、京都議定書が地球温暖化原因物質(温室効果ガス)を削減するために作られたものだと覚えておけば解ける問題が多いようです。

そこで、京都議定書=CO2となるようにゴロを作ってみました。もしもあなたが一人っ子ならどんぴしゃなゴロです。


お母さんから突然こんな告白があったらビックリしませんか?

「実はあなたには、京都に義理の弟がいるのよ」

「京都に義弟??子2人か!」

子2人か⇒CO(こ)2人か⇒CO2か

京都に義弟⇒京都議定書



つまり、一人っ子だと思っていたあなたが、実は弟がいることが発覚し「自分を含めて親に子供が2人いるのか!!」と衝撃を受けたと思ってください。



これで京都議定書とCO2がつながりましたね。


(環境省ホームページを参考)
京都議定書は、1997年12月に京都市の国立京都国際会館で開かれた第3回気候変動枠組条約締約国会議で採択された気候変動枠組条約に関する議定書です。

地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素 (CO2)などについて、先進国における削減率を定め、共同で約束期間内に目標値を達成することが定められました。

日本は2008年から2012年までの期間中に、先進国全体の温室効果ガス6種の合計排出量を1990年に比べて少なくとも 6%削減することになっています。ちなみに先進国ではアメリカ合衆国だけが離脱していて国内外から非難を浴びているそうです。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-09 18:55 | 社会と健康(17) | Comments(0)