エクリン腺とアポクリン腺の覚え方

エクリン腺は全身の皮膚に分布。水分が多い薄いサラサラな汗を分泌する。

アポクリン腺は腋窩(えきか)つまりわきの下、鼻、肛門などに分布しタンパク質や脂質を多く含むため特有ね匂いを発生する。

とりあえずアポクリン腺が臭いイメージなので、


臭すぎて「あっ、ポックリ死んじゃったイメージでどうでしょうか?

エクリン腺はその逆と覚えましょう!
[PR]

by inufukuken | 2012-11-07 00:15 | 人体の構造と機能(35) | Comments(0)

ウィルソン病の覚え方

銅(Cu)代謝異常症のウィルソン病は、先天性代謝異常疾患の一種であり肝臓や腎臓などに過剰の銅が蓄積されることで起こります。

試験では、銅の代謝異常(銅の過剰症)⇒   ウィルソン病

のように出題されています。そこで銅が過剰に蓄積されている雰囲気を下記から感じ取っていただければ幸いです。

とりあえず、「wilsonなに?」と書いてみましょう。(wilsonは筆記体で書くのがポイント)そうすれば下の絵のように答えが見えてきます。

e0223539_22503859.jpg


「そんなにいる?というぐらいなのだから過剰だな。」と思ってください。
[PR]

by inufukuken | 2012-11-06 00:27 | 人体の構造と機能(35) | Comments(0)

アレルギー反応の種類の覚え方(第26回―48)

スギ花粉症のアレルギー発症機序の分類である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

(1)Ⅰ型
(2)Ⅱ型
(3)Ⅲ型
(4)Ⅳ型
(5)Ⅴ型


Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ型=体液性免疫であり、抗原に対し抗体が作られて働くものをいいます。

Ⅳ・Ⅴ型=細胞性免疫であり、T細胞が病原体を食べたり殺したりするものをいいます。

試験問題ではそれぞれの型の代表疾患とそれに関与する因子(抗体)を対応させるものが多いようです。

例えば、食物アレルギーは何型アレルギーか?のような問題です。

代表疾患はたくさんあるので、よく出る疾患で覚えるといいでしょう。


Ⅰ型(即時型・アナフィラキシー型)
アレルギー、アトピー、花粉症、じんましん、アナフィラキシーショック



Ⅱ型(細胞傷害型)
血液型不適合輸血による溶血、自己免疫性溶血性貧血、1型糖尿病



Ⅲ型(免疫複合体型)
糸球体腎炎、血清病、膠原病(全身性エリテマトーデスなど)



Ⅳ型(T細胞依存型・遅延型)
ツベルクリン反応、移植免疫、ウィルス肝炎、ウィルス脳炎



Ⅴ型(刺激型)
バセドウ病




この中でも、Ⅰ型アレルギーの作用因子IgEというのは頻出問題です。是非覚えて下さい。


それでは、Ⅰ型から覚え方を紹介します。


Ⅰ型→アレルギー→IgE ですので、アレルギイーで(アレルギEー)と覚えましょう。アレルギⅠーでⅠ型と覚えてもいいと思いますよ。


Ⅱ型→血液型不適合輸血による溶血→クロスマッチ(交差適合試験)という、輸血をする前にドナーの血液と一部を混ぜ合わせて問題が起きないか調べる試験のことを思い出す。つまり、自分の血とドナーの血を混ぜてみる訳なので、2つの血液を混ぜるわけです。3つは混ぜませんよね?→つまり2(Ⅱ)を連想する。


Ⅲ型→糸球体腎炎→糸球体腎→血病→原病と3つともちょんちょんちょんと(腎炎だけは違うんですが…)なっているので3(Ⅲ)を連想する。


Ⅳ型→ツベルクリン→シベルクリン→シ(4)ベルクリンと、ツがシに見えてきませんか?


Ⅴ型→バセドウ病→ヴァセドウ病→ヴァ(V)asedou病とⅤを連想してみましょう。


どうでしょうか?これでⅠ~Ⅴまで覚えられませんか?

問題で出るのはⅠ型がほとんどですが是非この機会にⅠ~Ⅴ型まで覚えてみてはいかがでしょうか?


答え(1)


ちなみに、「アレルギーの表示義務の覚え方」も紹介していますので興味のあるかたは次のリンクへジャンプしてみてください。

リンク http://inufukuken.exblog.jp/15728119/
[PR]

by inufukuken | 2012-11-05 19:03 | 人体の構造と機能(35) | Comments(0)

免疫グロブリンの覚え方(第19回―107)

免疫グロブリンに関する記述である。正しいのはどれか。

(1)IgGは補体と結合し殺菌作用を促進する。
(2)IgAは胎盤を通過し新生児の免疫を担う。
(3)分泌型IgMは消化管の局所免疫を担う。
(4)IgDは抗原の侵入によって即時的アレルギー反応を引き起こす。
(5)IgEは抗原に対する一次免疫応答において産生される。


解答は、問題集でご確認ください。
ここでは、問題の解き方を紹介します。

まず、頻出問題の胎盤を通過できる唯一の免疫グロブリンがIgGです。
Gの形が大きいお腹のお母さんに見えてこないでしょうか?Dもありますが、Dはまず出題されません!!
見えなくてもD・A・M・G・Eしかありませんから、その中で一番それらしく見える!と思ってください。よく出ますので忘れないと思います。
よって(2)は×。

次に消化管の局所免疫とあります。IgAは分泌液中に多く含まれ局所免疫に関与するのが特徴です。
ここではIgAのAが分泌の(分)の上半分のハに似ていることからAは分泌と覚えましょう。よって(3)も×。

次に、即時型アレルギー反応と言えば、前回紹介したアレルギEーのIgEです。よって(4)も×。

残った(1)と(5)が両方正解となります。

これは厚労省からの発表ですが、出題者的には、(5)はIgMを意識して問題を作ったと思われます。ただし、IgEもアレルギー反応では一次免疫応答としてIgEを産生することから(5)も正解になったと思われます。


IgMの覚え方としては、細菌やウイルスに感染したとき、最初に作られる抗体ということで、作られる速さマックス(Max)のMと覚えましょう!あまり出題されませんが…。

ちなみに、量が一番多いのはIgGです。Gと言えば、ジャイアンツ(巨人)。私は、野球ファンが一番多いのはジャイアンツ?と覚えました。

正解(1)と(5)
[PR]

by inufukuken | 2012-11-04 19:37 | 人体の構造と機能(35) | Comments(0)

ラムサール条約の覚え方

国家試験で問題に出されるとすれば

水鳥の生息地として国際的に重要な
湿地の保護--------ラムサール条約

の関係性ぐらいです。

さて、どうやって覚えるか考えてみました。


水鳥からラムサールを想像する方法を見つけました。


みなさん干支(えと)は言えますか?12支といえば

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い

です。なかなか今では使う機会がありませんが…。

で、ラムサールとなにが関係あるの?と突っ込んでくれたあなたに教えちゃいます。



ラムサール条約

ラム と サール

ラムとは子羊のお肉

サールは猿です。




勘のいい人ならもうおわかりですね。羊(ひつじ)、サル、とくれば次は「鳥」です。



だから
羊(ラム)⇒サル⇒(水)鳥⇒湿地保護

と覚えましょう!回りくどいかな?


(外務省ホームページを参照)
特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地及びそこに生息・生育する動植物の保全を促し、湿地の適正な利用を進めることを目的として、1971年2月2日、イランのラムサ-ル(カスピ海沿岸の町)で開催された「湿地及び水鳥の保全のための国際会議」において、本条約が採択されました。ちなみに日本は1980年に加入しています。

外務省のホームページに日本の条約湿地というPDFファイルがありましたので、興味のある方はどうぞ!以外に自分の身近にあるかもしれませんよ。そういうので覚えられるものです。無い方は有名どころで覚えましょう。http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/pdfs/rmsl.pdf
[PR]

by inufukuken | 2012-11-01 20:43 | 社会と健康(17) | Comments(0)

バーゼル条約の覚え方

バーゼル条約とは、有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関する条約のこと。つまり産廃みたいなごみを自分の国から勝手によその国へ持ち出せなくなったということですね。1989年スイスのバーゼルにおいてこの条約が採択されました。ちなみに日本も1993年に加入しています。

国家試験で問題に出されるとすれば

有害廃棄物越境移動規制--------バーゼル条約

の関係性ぐらいです。

さて、どうやって覚えるか考えてみました。

バーゼル  ハーゼル  ハセル

馳せ参じる(はせさんじる)

ハセさんじ

かなり強引ですが、みなさん馳せ参じるという言葉、わかりますか?

噛み砕くと、急いで来ました的な意味です。

遠くから、馬を馳せ(急がせる)てやってきた。とでもいいましょうか?

本題から若干ずれましたが、「遠いところから荷物を運ぶ」イメージを

バーゼルから読み取って欲しいのです。

無理でしたらコメントください。また考えます。ちょっと難しかったかな~
[PR]

by inufukuken | 2012-11-01 00:26 | 社会と健康(17) | Comments(1)