人気ブログランキング |

【第33回-問70】摂食行動の調節に関する記述である。正しいのはどれか。1つ選べ。


(1)グルコース濃度の上昇により、空腹感が生じる。
(2)遊離脂肪酸濃度の上昇により、満腹感が生じる。
(3)インスリンは食欲を抑制する。
(4)レプチンは食欲を促進する。
(5)グレリンは、食慾を抑制する。



答えは(3)です。インスリンは食後、血糖上昇にともない膵臓から放出されるホルモンで、血糖値を下げる働きを持っていることは多くの方が分かっていると思います。逆に(3)が「インスリンは食欲を促進する」と書かれていれば相当な違和感ではないでしょうか。人は食事をすることで血糖値を上げるわけですから、血糖値を下げるインスリンが食欲を促進してしまうと、また血糖値が上がってしまい血糖を下げられなくなってしまいます。

私がこの問題を解くとすれば、(1)は、血糖値が上がっているから満腹、よって×。(2)は、空腹だから自分の中性脂肪を分解して遊離脂肪酸が血中に出てきている訳だから×。(3)はおいといて、(4)はレプチンは確か食欲抑制ホルモンだから×となり、残るは(3)と(5)となりました。(5)はグレリンが食欲促進ホルモンだというのが分からなければ解けない問題です。

今回は(3)が意外と分かりやすい問題だったので、(5)はスルーでも解けたでしょう。ただ、レプチンやグレリン辺りをキー問題にされていたら解けなかったかもしれません。

一応レプチンとグレリンを覚えるために使えればと思いこんなのを作ってみました。

満腹空腹

まんく⇔くう

チン⇔グリン(が横になったように見える)

つまり、レプチンは満腹時(食欲抑制)、グレリンは空腹時(食欲促進)に出ると覚えられないでしょうか?

レプチンとグレリンが食欲の抑制と促進に関わるホルモンだということだけ覚えてもらって、後はどちらか1つを覚えるというやり方です。ゴロとはいきませんでしたが、今回はこんなもんで終わります。













by inufukuken | 2019-08-18 21:37 | 基礎栄養学(23) | Comments(0)